海外旅行

我が子と連れ立って出掛ける海外旅行

フランス エッフェル塔

幼い子どもを同伴する国外ツアーでは、搭乗中も配慮して下さい。例えばハワイと言えば有名なエリアではありますが、移動に要する時間は長めです。

これに対してグアム、サイパンあるいは近場の地域でしたら比較的すぐに到着しますので、家族への疲れの規模は少な目と言えます。

私は長い飛行機に乗っている時間はずっと映画を見ます。しかも、エコノミークラスで乗るのど画面と自分の目の位置が近いです。だから、とても目が疲れてしまうんです。

いつも目のサプリメントを飲むようにしています。ひとみのみやびという目の疲れ予防のサプリメントを飲んでいます。ひとみのみやびは、アントシアニンからルテイン、ゼアキサンチン、クロセチン、アスタキサンチンなど目のケアのサプリメントで入っている成分がひとまとめになっているのでよく利用します。

(参考:キラキラプラスのひとみのみやびの記事URL:https://www.linkplus.biz/hitomi-no-miyabi/

子ども連れの国外への旅行ツアーを調べると、小児向け機内食・ベビーチェアなどの手配りの他、目的地におけるベビーカーやホテルでは家族部屋を手配するといった、旅先であっても支障なく過ごせる様に組まれた付加サービスも多いのです。

外国へのツアーを心ゆくまでエンジョイする上で、心配に思うポイントに関して予め片付けておくことです。殊に幼児が同行する場合、万が一の時の対処知識などもリサーチしておけば良いでしょう。

とにかく利用出来るサービスは存分に使った上で素晴らしい旅にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)